クレッシェンドとは…

平山音楽院が独自展開している、未就学児に向けた音楽による情操教育プログラムです。
「音をだんだん大きく」という意味の音楽用語『Crescendo』に因み、音楽を通して子どもの心と体がより豊かに成長することを願って、これを「クレッシェンド」と名付けました。

活動内容

クレッシェンドは、現場経験豊かな専門の講師が、園様に合わせ授業内容を常に研究・見直しをかけながら実践している事業です。音楽の基礎であるリズム、リトミック、ソルフェージュを取り入れ、幼稚園年少から年長の発育段階にふさわしい独自の音楽教育を行っています。リズム、ハンドサイン、読譜、聴音、拍子、音の強弱など音楽の基礎を、楽しい歌と共に体で習得し、小学校の音楽の授業以降へつなげたいと考えています。

また、クレッシェンドは、年間授業であるという特徴があります。クリスマス等のイベントに、コンサートを取り入れている園様は多いことと思いますが、年少~年長の時期に、より効果的に音楽教育を進めるには「継続した教育活動」が必要です。クレッシェンドは、月2~3回の定期的な授業ですので、 音楽を身体と歌で表現するスキルの向上はもちろん、継続して物事に取り組むことで集中力を鍛え、先生対園児、また園児対園児のコミュニュケーション能力も育てます。
そしてなにより、音楽の規則性やアンサンブル演奏(数名での合唱・合奏)が、ルールを守ることを学ばせてくれます。それは「人の話を聞き、理解し、実際にやってみる」という社会生活の基本を身につけるきっかけにもなります。

クレッシェンドのある1日

  • 10:00

    朝礼。園児と一緒に朝の体操などに参加

  • 10:30

    授業スタート(クラスごとに約30分)

  • 12:00

    園児と一緒に昼食

  • 12:30

    午後授業スタート(クラスごと約30分)

  • 13:00

    終了


「ハンドサイン」に挑戦する園児たち

コース一覧

  • スタンダード コース

    年間34回〜36回(毎月平均3回〜。8月夏季休暇)
    対象/年中・年長(1クラス30~50人推奨)
    保育体制/30分(指導者1人、ピアノ伴奏者1人の講師構成)
    指導内容/手遊び リズム体操 初歩のソルフェージュなど

  • プレミアム コース

    年間34回〜36回(毎月平均3回〜。8月夏季休暇)
    対象/年少・年中・年長(1クラス30~50人推奨)
    保育体制/30分(指導者1人、ピアノ伴奏者1人の講師構成)
    指導内容/器楽演奏、2部・3部合唱、楽典、ソルフェージュなど

  • ライト コース

    年間17回〜18回(毎月平均2回弱、8月夏季休暇)
    対象/年長(1クラス 30~50人推奨)
    保育体制/30分(指導者1人、ピアノ伴奏者1人の講師構成)
    指導内容/単純な手遊び、リズム体操、発声など

  • エクストラ コース

    年間17回〜18回(毎月平均2回弱、8月夏季休暇)
    対象/年長(2~5クラス程度の合同授業)
    保育体制/30分(指導者1人、ピアノ伴奏者1人の講師構成)
    指導内容/単純な手遊び、リズム体操、発声など

※その他、園様のご予算・人数・時間帯などのご都合に合わせて、
当音楽院のスタッフが最適なプランをご提案します。
クレッシェンド事業のご紹介ムービーもございますので、
ご希望の方はその旨を添えてお問合せ下さい。