体験レッスン お問い合わせ お問い合わせフォーム

ピアノ バイオリン等各レッスンの体験レッスン お問い合わせフォーム

今月はチェロの先生の日記帳です

2009/06/09

チェロ講師の谷口楽典(タニグチヨシノリ)です。日記帳初参加となる今回は、チェロというパートの特徴についてお話しします。
 
みなさんはオケや室内楽におけるチェロというポジションについてどんなイメージをお持ちですか?「脇役」でしょうか?
 
その通りです。基本、主役ではありません。ゴレンジャーでいうブラック、ルパン三世でいう次元なんです。とはいえ、このシブいポジション、僕は大好きなんです。・・思えば幼少期から趣向は”そっち”でした。ゴレンジャー(僕の頃はジェットマン)ではブラックが一番好きで、いわゆるセンターキャラのレッドは一度も好きになったことはありませんでした。「SLAM DUNK」では三井くんが一番好きでしたし。
 
とはいっても勿論、レッド好きの子がチェロを弾いても、五右衛門好きの人がヴァイオリンを弾いてもいいんですよ!これはあくまで僕の感覚なので・・・
 
それにしても、特にオケなんかではチェロの役回りはホントにシブいんです。基本的には全体を支えるベースラインを受け持ちつつ、時々一番オイシイメロディーを奏でに前に出てきたりしてインパクトを残しつつ、しばらくするとまた所定の位置に帰るという・・・連ドラでいう八嶋智人さんとか佐々木蔵之介さんあたりがキャスティングされそうな、3話と7話だけちょっとメインを張りつつ、他の回では主役といい感じに絡む感じの立ち位置で・・・。ホントいい味出してます。
 
そんなチェロは、ソロとなれば一転、素晴らしい名曲に恵まれている楽器でもあり、美しい曲や印象的なメロディーを、人間の声に最も近いといわれる楽器の特徴を生かして奏でることの出来る、素晴らしい楽器の一つだと思います。興味のある方は是非一度トライしてみるのはいかがでしょうか!?