体験レッスン お問い合わせ お問い合わせフォーム

ピアノ バイオリン等各レッスンの体験レッスン お問い合わせフォーム

ヴィオラのレッスン ヴィオラ教室(ビオラ教室)

ヴァイオリンのヴィオラの違い

ヴァイオリンは子供用最小の1/16サイズから大人用の4/4フルサイズまで、数サイズあるのに対し、ヴィオラは1サイズのみ。また、ヴァイオリンに比べヴィオラは一回り大きく、重いのが特徴です。演奏音域もヴァイオリンに比べ低いので、オーケストラの立ち位置としては「ヴァイオリンの音を支え、音に深みを出す名脇役」といったところでしょう。もちろん、その温もりある音色はソロ演奏などでも光ります。  

「質の高い、大人の習い事」ヴィオラコース。

温かみと渋みのある音色がオトナの感性に響くのか、ヴィオラコースは「大人の習い事」として当教室でも人気のコースです。『オーケストラでヴィオラを担当しているので、実力の底上げのために』という現役プレーヤーの方や、『昔ヴァイオリン・ヴィオラをやっていて、ブランクがあるけどやってみたい』という経験者の方、もちろん初心者の方も幅広く募集しています。当音楽院オーケストラにも、熱意をもって積極的に参加される生徒さんが多いのも特徴です。

アンサンブルにご興味のある方は・・・

ソロやオーケストラ演奏に出演される方が多いのも然ることながら、アンサンブルにご興味をお持ちの生徒さんも多いので、生徒さん同士での室内楽レッスンなども実施しています(上永谷校のみ)。実施日程は限られていますが、是非一緒に実りある音楽ライフを楽しみましょう!

回 数
月1回 月2回 月3回 月4回 入会金
ヴィオラ 60分 ¥6,500 ¥11,000 ¥13,000 ¥15,500 ¥10,000

※記載のコース時間は、楽器のセッティング、次の生徒さんとのレッスン入替えのお時間などを含むものとなります。
※表記の金額に、施設費(300円・税別)、消費税を別途お受けしております。また初回のみご入会金(5,000円・税別)も申し受けております。

平山 俊一(ひらやましゅんいち) 先生
 

1971年東京音楽大学音楽学部(バイオリン)に入学、バイオリン、ヴィオラを松浦君代氏に師事。

同時に、音大オーケストラに入り三石精一、小林研一郎各氏の指揮のもとに、定期演奏会等を演奏する。
1975年卒業と同時に音大オーケストラ研究員として音大に残りオーケストラを演奏するかたわら研鑚を重ねる。
その後、日本でも数少ないヴィオラ・ソリストの小野耕之補氏が同音大に講師として招かれレッスンを受けるようになる。 1977年東京交響音楽団に入団。定期演奏会、各地の演奏旅行を経験。
1980年東京交響音楽団を退団。フリーになり案内楽を中心に、スタジオ・プレイヤーとして活躍、その後バイオリン教室を始め1984年と1987年に神奈川県民小ホール、駒場エミナースでヴィオラリサイタルを行う。
1987年、同じに弦楽四重奏団を創立。(「クアチュオール・ff」)全国各地で演奏会を行う。又、1990年より横浜英和女学院のオーケストラ指導コーチに就任し後進の指導に当たる。
現在約50人のviolin、violaの生徒を指導し、現在も新規に入る生徒が増加中。

 

新井 玲奈 (あらい れな) 先生
 

洗足学園音楽大学卒業。洗足学院音楽大学 大学院修了。
大学3年次にヴィオラに転向。
これまでに、ヴァイオリンを 長尾みはる、磯恒男の各氏に師事。
ヴィオラを 佐藤裕喜子、塚田和子、岡田伸夫の各氏に師事。
第3回ドイツ音楽コンクールで優秀賞受賞。
第18回日本クラシック音楽コンクール全国大会 一般の部 入賞


自分自身の音楽の勉強の場として「人に教える」という事を学んでいきたい。
責任を持って教えたい。

 

 

 

▲トップページへ戻る