体験レッスン お問い合わせ お問い合わせフォーム

ピアノ バイオリン等各レッスンの体験レッスン お問い合わせフォーム

バイオリン教室

充実の講師陣、当音楽院一番人気のコースです。

当音楽院の前身「平山ヴァイオリン教室」の名残もあってか、現在一番生徒さんの在籍が多いのが、この「ヴァイオンコース」です。 初心者の方でも自信を持って演奏会に出演できるようになるまで、当音楽院の人気講師陣が責任を持ってレッスンしています。                                         また毎年、平山音楽院は「オーケストラ定期演奏会」や、ソロ発表会の「音楽祭」を春夏・秋冬で実施しており、ヴァイオリンは【演奏会の主役】として練習の成果を披露できる場面も多いことから、それを目標にしてレッスンを精力的に取り組んでいらっしゃる方が多いのも特徴です。 

クラシック以外のジャンルの曲に挑戦したい!
という方は・・・

当音楽院のヴァイオリンコースは、クラシックだけでなく、ポピュラーやジャズの曲に挑戦したい、という方も大歓迎のコースです。近年は発表会などで他楽器とのジャズ・ポピュラーアレンジのアンサンブルなどでご出演される方も多くなってきました。まずはお気軽にお問い合わせください。

子供用ヴァイオリン(分数ヴァイオリン)の
貸出について

平山音楽院では、1/16〜3/4まで、分数ヴァイオリンに関しては数個の在庫を用意しております。成長スピードの早いお子様の楽器買い替えは、親御さんにとっても悩ましい問題ですが、当音楽院ではレンタル可能(お持ち帰りも可)です。※在庫に関しては日々変動しますので、まずは音楽院までお問い合わせください。
フルサイズのレンタルに関してはこちらをご覧ください。

 

回 数
月1回 月2回 月3回 月4回 入会金
キッズVn
30分 ¥6,000 ¥7,500 ¥9,000 ¥10,000
45分 ¥7,500 ¥10,000  ¥12,500
一般Vn 30分 ¥7,500 ¥9,000 ¥11,000
45分 ¥6,000 ¥9,500 ¥11,500 ¥13,500
60分 ¥6,500 ¥11,000 ¥13,000 ¥15,500

※記載のコース時間は、楽器のセッティング、次の生徒さんとのレッスン入替えのお時間などを含むものとなります。
※表記の金額に、施設費(300円・税別)、消費税を別途お受けしております。また初回のみご入会金(5,000円・税別)も申し受けております。

平山 俊一(ひらやましゅんいち) 先生
 

1971年東京音楽大学音楽学部(バイオリン)に入学、バイオリン、ヴィオラを松浦君代氏に師事。

同時に、音大オーケストラに入り三石精一、小林研一郎各氏の指揮のもとに、定期演奏会等を演奏する。
1975年卒業と同時に音大オーケストラ研究員として音大に残りオーケストラを演奏するかたわら研鑚を重ねる。
その後、日本でも数少ないヴィオラ・ソリストの小野耕之補氏が同音大に講師として招かれレッスンを受けるようになる。 1977年東京交響楽団に入団。定期演奏会、各地の演奏旅行を経験。
1980年東京交響楽団を退団。フリーになり案内楽を中心に、スタジオ・プレイヤーとして活躍、その後バイオリン教室を始め1984年と1987年に神奈川県民小ホール、駒場エミナースでヴィオラリサイタルを行う。
1987年、同じに弦楽四重奏団を創立。(「クアチュオール・ff」)全国各地で演奏会を行う。又、1990年より横浜英和女学院のオーケストラ指導コーチに就任し後進の指導に当たる。
現在約50人のviolin、violaの生徒を指導し、現在も新規に入る生徒が増加中。

 

鈴木 明彦(すずきあきひこ) 先生
 

1973年桐朋学園大学音楽科入学。在学中、ガブリエル・ブイヨン氏に認められ、フランスへ奨学生留学。1977年パリ・エコール・ノルマル音楽院のバイオリン科と室内楽科を卒業。その後、国立モンテカルロ歌劇場管弦楽団の団員を勤め1986年帰国。86〜88年新ヴィヴァルディー合奏団を勤める。89〜97年アンサンブル・デ・ヨコハマのコンサートマスターを勤める。

 久保田良作、ガブリエル・ブイヨン、クリスチャン・フェラス、ピエール・ドウーカン各氏に師事。



鈴木 梨津子(すずき りつこ) 先生
 

5歳からヴァイオリンを始める。15歳で初リサイタル。国内の音楽祭で研鑽を積む。
京都市立芸術大学音楽学部ヴァイオリン科をトップの成績で卒業。
在学中より関西のオーケストラで活動を始め、卒業後もオーケストラ、ソロ、室内楽で活躍。長年にわたり、藤沢のエールアンサンブルや、横浜アスターナ室内合奏団のコンサートミストレス兼ソリストを務める。団と共にイタリアやオーストラリアなどの演奏旅行にも参加。また、レ・フレール カルテットで定期的に活動し、首都圏オーケストラの首席奏者とも共演するなど、室内楽で常にリーダー的存在で信頼を得てきた。
これまでに、ヴァイオリンを、横山莞五、中西和代、故岩淵竜太郎の各氏に、室内楽を、上村昇、故黒沼俊夫の各氏に師事。
現在は、新アスターナ室内合奏団に所属。毎年、デュオリサイタル、おしゃべりミニコンサートを開催し好評を得ている。

 

吉岡 篤志(よしおか あつし) 先生
 

鎌倉学園卒業後、桐朋学園音楽学部演奏学科入学。後に、桐朋学園大学 カレッジ・ディプロマコースに入学。一般高校から音大に入ったので、様々な視野から音楽を見ることができると思います。教えることがとても楽しいです。

音楽院(評):好青年で、まだお若く情熱を持って教えて頂いています。

 

平山 智子(ひらやま ともこ) 先生
 

4才よりバイオリンを始める。
フェリス女学院大学音楽学部卒業、洗足学園音楽大学大学院修了。フェリス女学院大学在学中、室内楽演奏会や卒業記念演奏会に選ばれ出演、ビバリーヒルズ音楽祭に参加。
洗足学園音楽大学に在学中、室内楽の夕べコンサートに選ばれ出演。
第79回横浜新人演奏会・洗足音楽大学卒業生による第5回新人演奏会に出演。
現在、ソロ、室内楽、オーケストラで活躍。
これまでに、小野耕之補、水野佐知香の各氏に師事。

 

中村風子(なかむら ふうこ) 先生
 

5歳よりヴァイオリンを始める。
北鎌倉女子学園中学音楽コース、同高等学校音楽科卒業。東京音楽大学卒業。
これまでに神代恭子、前澤均、瀬戸瑶子各氏に師事。室内楽を瀬戸瑶子、大野かおる各氏に師事。
日本管弦打楽器ソロ・コンテスト、高校生弦楽器部門銅賞。
東京国際芸術協会新人演奏会オーディション、准合格。
スイス国立チューリッヒ芸術大学のマスタークラス修了。スザンネ・フランク氏のレッスンを受講。

 

▲トップページへ戻る